KOKOどうぶつ病院からのおしらせ

ノミ・ダニ予防2012/04/13

気温が13度を超えるとノミが活発化します。

犬猫に寄生したノミは24〜48時間後にはその体の上で産卵します。

卵が成虫になるのは時期により最短で14日!

予防を怠ると、1匹のノミがあっという間に増えることになります。

ノミは、動物に寄生することで痒みを起こすだけでなく、瓜実条虫(サナダムシ)という

寄生虫も媒介します。

また、近年ダニから人へ感染するウイルスの報告もあります。

飼い主様も病気から守るために、お外に出るわんちゃん、猫ちゃんはぜひ予防をしましょう。

当院では、皮膚に滴下する予防薬(フロントライン)の他に、

飲むタイプのノミ・ダニ予防薬(コンフォティス)も取り扱っております。

基本的にはどちらも1ヶ月に一度の使用で予防してください。

詳しくは当院までお問い合わせください。

<<おしらせ一覧に戻る